FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「PRETTY×CATION」コンプ

小町先生をクリアして「PRETTY×CATION」フルコンプです。とは言ってもそのうちアペンドの配信が始まるだろうし「PRETTY×CATION」はまだまだ続きます。

さて小町先生ですが…。ここでのハードルは『職業的倫理観』ではなく『誰にもバレないように付き合う』ということだったようですね。まぁここまでの3人で『深いところまでは踏み込まない』ということは予想できたので驚きもありませんでした。
ヒロインの中で唯一、小町先生の部屋が出てきましたが、主人公の部屋と比べるとかなり手狭に見えました。しかしその部屋にアウトドア用品が詰め込まれていて、それを『小さくて可愛い感じの車』(描写的にはミニ)に積み込んでキャンプに行くという荒業w

ちなみにミニは作中ではイギリス車と説明されていましたが2001年からはBMWが開発した車両が発表されドイツ車に分類されるので、小町先生の説明が正確ならば2000年以前のモデルになります。


明日からは「Love Sweets」を始めます。

「PRETTY×CATION」プレイ中・2

レーチェが終わり、小町先生を始めたところです。

ゲーム序盤から『ハードル』という単語が出てきます。朝霧姉妹の時は『クラスの人気者』『都会のおしゃれな女の子』と表現されていましたが、レーチェはずばり『留学生』です。人種も国籍も違うし、留学が終われば当然帰国することになるだろうし、ようやくハードルっぽくなってきました。まぁそれでも小町先生の『教師と生徒』と比べればまだぬるいのでしょうね。

特に感想も無いので「PRETTY×CATION」にまつわる雑談でも…。

主人公が住んでいる部屋についてテキストや絵から情報を集めると
所在地→天王洲アイル駅から徒歩10分
何階建て?→言及なし。主人公の部屋が501なので最低でも5階建て
フロアに何室?→言及なし。『角部屋を用意した』という発言から最低でも3室
セキュリティ→玄関先まで押しかけられているのでエントランスなどのオートロックはなし
間取り→言及なし。部屋の背景が1枚のみ。ワンルームか?
バスルーム→ユニットバスではなく洗い場もあり
管理→外の清掃を叔母がやっていたりするが旅行に行ったりもしているので個人で管理しているとは限らない

最低でも15室。管理人室と主人公の部屋を除いて13室を賃貸。天王洲アイルのワンルームの相場は13万円らしいので空室が無ければ月の賃貸収入は169万円。年収に換算すると2028万円。空室リスクはあるものの、室数がもっと多い可能性もあります。金目当ての男たちが群がっても不思議じゃないんですけどねぇ。伊吹さん……。

「PRETTY×CATION」プレイ中

朝霧姉妹が終わりました。

一番のトラブルが姉妹喧嘩程度のまったりした展開です。転校を機に知り合った女の子と共通の趣味で仲良くなり、恋人になり、甘い日々を過ごしていく。世界を揺るがすような大事件も、実は学園が廃校寸前ということもなく、ただただ普通の恋愛模様を繰り返します。

Hシーンは短めですが各9個と充実。キャラも可愛いし満足です。

気になったところはこの作品の売りであるラブリーコールシステム。主人公とヒロインが付き合い始めると設定した名前で呼んでくれるのですが『設定した名前』『あなた』『キミ』が混在する状態です。連続するヒロインの台詞でひとつ前の台詞と今の台詞で呼び方が違うことも多数あり、少し残念なことに…。もっとも購入してからOHPを覗いていないので修正パッチが存在しているのかどうかも知りませんがw

「Clover Day's」杏鈴ルート・杏璃ルート

杏鈴ルート

主人公の家に幼馴染たちが泊まった夜、ヘキルの夜這い計画を聞きつけた杏鈴と杏璃は自分たちの部屋に主人公を匿います。翌朝、目覚めた主人公は悪夢にうなされる杏鈴の姿を目撃します。その尋常ではない様子を心配した主人公が杏璃に確認すると想像以上に根深い問題だとわかり、これまで以上に杏鈴を気にかけていくことに…。


この作品のテーマである『家族の話』がふんだんに盛り込まれたルートです。他のヒロインのルートですら取り乱していた杏璃が、よりによって双子の姉と主人公が付き合い始めるのを見せられる葛藤。紫苑が義臣との結婚に踏み切れないでいる苦しみ。杏鈴が亡くなった実母に対して持ち続けている想い。ラストに向いているルートでしたね。



杏璃ルート

主人公たちの学校で学生会選挙が行われることに。付属校の頃に会長・主人公、副会長・杏璃で学生会を切り盛りした経験がある主人公でしたが今回は立候補の意志がありませんでした。しかし会長に立候補する瑞穂とのコネを作りたい生徒たちの警戒から中傷され、激怒した杏璃によって主人公の立候補が宣言される事態に…。


杏鈴ルートでも思いましたが、この主人公は脇が甘いですねぇ。杏鈴や杏璃とは血が繋がっていない義兄妹だということを知っているのは幼馴染や今までのクラスメイトの一部など少数でしかないのに、普通に外でイチャイチャし始めるのは痛い目にあうのも仕方なし。『家まで我慢できなかったのか』と養父に茶化されていましたが、プレイしていて『あぁ、またか…』と思わされることが多かったです。まぁ杏鈴が可愛かったからいいけど。


これでフルコンプです。最悪、原画集でも構わないと思って購入しましたが、満足できる内容でした。

「Clover Day's」つばめルート

つばめルート

何かを言おうとして言えずにいるつばめに気づいた主人公。なんとか聞き出すと『演劇部の公演が予定されているが、3年生が引退したり退部者が出たりで絶望的な人員不足に陥っている』ことが判明。その事態を知った主人公たちは幼馴染全員参加で役者と裏方に別れて参加することに。
そんななかでヘキルとの幼い頃の結婚の約束を断った主人公でしたが、主人公もつばめも泉も幼馴染の枠を超えようとせず現状維持。それを見たヒカルの行動は…。


穏やかな癒し系だったはずのつばめがすっかりエロ担当に…w
申し訳ないがここまでの3ルートのなかで一番取り乱すシーンが多い杏璃が可愛いです。普段なかなか呼んでくれない『お兄ちゃん』連呼で激しくニヤつきました。やっぱり締めは杏璃だな。ということで次は杏鈴です。

バナー置き場

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

目指せ!エロゲ代
管理人注目作!
ま~まれぇど新作第9弾『プライマルハーツ』 puremore『契約彼女』応援バナー120×640_1 お兄ちゃん、右手の使用を禁止します! 『乙女が奏でる恋のアリア』2014年11月28日発売予定 ALcot『Clover Day's』応援中! 『PRETTY×CATION』を応援しています!
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。