FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「キュアフル」「airly Fairly」体験版

貯め込んでいた体験版をプレイしました。

「キュアフル」
サッカーで才能を認められながらケガで推薦による進学を断念した主人公。気力を失いかけていた主人公でしたが、心機一転するために親元から離れた以前住んでいた町にある学校を受験します。
その町は幼い頃の主人公がサッカーを始めた場所であり、そんな主人公を応援してくれていた年上の少女との思い出がある場所でした。
受験のときに少女と再会した主人公。合格の報告に彼女を訪ねると、彼女の所属するチア部は彼女ひとりのみという惨状。しかも期限内に部員が6人いないと廃部ということに…。

「airly Fairly」
突然姿を消してしまった育ての親の仕事を引き継いだ主人公。ある日、主人公は湖の畔に全裸で倒れている少女を見つけます。会話の中で村長の縁者だろうと見当をつけた主人公は少女を村長の家に連れて行きます…。


「airly Fairly」はどう感想を書けばいいのか分からない状態です。しかし『奪われた土曜日』『火曜日の墓守』『忌み子』など気になる要素が多数存在しているのもたしかです。もう少し保留にしておきます。個人的にはこのブランドは前作もそうでしたがキャラが幼く見えてしまうのが難点。ブランディーヌさんくらいが理想なのですが…。
「キュアフル」は気楽にプレイできそうではありますが、ヒロイン全員が標準以上のバストサイズの持ち主のようなのが残念。Hシーンが似たようなシチュエーションばかりになりそうな不安があります。巨乳好きではないので、大中小とバランスよく配置された作品と比べるとマイナス要素です。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

「ゆのかにベルスターズ」

「遥かに仰ぎ、麗しの」が終わりました。
リーダさんが可愛すぎて、みやびルートを連続プレイしてしまいます。

そんなわけで「ゆのはな」「遥かに仰ぎし、麗しの」「しろくまベルスターズ」が終わったところで「ゆのかにベルスターズ」の出番です。

しろくま支部のサンタたちに2つの指示が与えられます。ひとつはゆのはな町へのプレゼント配達。もうひとつは凰華女学院分校への慰問。
サンタたちは二手に分かれ、硯とサンタ先生がゆのはな町へ、ななみと冬馬&りりかとジェラルドが凰華女学院分校に向かいます…。

設定的にはゆのはな町では拓也が祠の修理代を稼ぐためにバイトに明け暮れている時期。凰華女学院分校はみやびルートのクリスマスパーティーの翌年のクリスマスになります。細かい矛盾は色々ありましたが各キャラの姿が見れただけで楽しくなりました。それにしても滝沢先生はどんな手段でノエルに慰問を依頼したのかが謎です

コミケ初日

ふと目が覚めると時間は3時でした。
これは『初日に突撃せよ』という萌えの神様の啓示かと、最寄の路線の始発に乗ってみました。それでもりんかい線の始発には間に合わず3本目か4本目で国際展示場へ。

6時現地到着。人の流れに身を任せていると『東ホール行き』と別経路になり、さらに『コスプレ&西ホール一般』が別に誘導され、『企業ブース行き』が残される。立ち止まったポジションは正面に国際展示場が見える最後の列。あと一本遅かったら国際展示場が見えない位置でした。

8時。寒さに耐えながら隣りにいた単独行の中学生(女子)と盟約を結び、交替でトイレに行ったりコンビニに行ったりする。
友人からメール『現地到着。urarano氏はもう起きてるかい?今回も重役出勤だろ?』
uararano『6時から並んでる。午前中にノルマを果たして帰る予定。』
どうやら友人3人も初日に来ていて、なぜか全員バラバラで遥か後方にいるようだ。

9時30分。移動開始。順調に進むかと思いきや、私の5列前で切られて国際展示場に入る階段の手前で立ち往生。その場で開場を迎える。企業ブース列が止まっている状態で、西ホール行きの列だけが進んでいく。こいつら西ホールを通り抜けて中の階段の所から合流してくるんだよな…。企業ブース列が入場するまで中の行き来をさせないべきだと思うんだ。

10時20分。ようやく動き始める。やはり階段のところで合流してきている。毎度の事ながら気分が悪い。階段の上で後方の友人たちにメールを一斉送信
urarano『階段上、とら、ゲマ、なのは抽出。ほとんど減らず。ピンチ』

10時45分。会場内へ。
urarano『エグゾースト大行列。諦めた。VIEWSに向かう』
友人A『なぜVIEWSなんだw』
友人B『アイナさんよろしく』
urarano『VIEWSは夏の初日に牛歩で諦めたけど今回は外せない。アイナさん了解』

11時15分。
友人C『まだURARANO氏しか入ってないのか…。状況は?』
urarano『現在WILLに並んでる。待機列長いのはサーカス、ぱれっと、葉、なべる、エグゾースト、八月。後はわからん』
友人A『ぱれっと…』
urarano『電気外祭り2でぱれっとのセットを衝動買いした。セットだけなら譲れる。』
友人A『救世主発見w』

11時40分。
urarano『WILL。すみすみ抱き枕カバー完売。次で中に入れるが依頼があったらどぞ』
友人B『さすがシリアナードレイさんですなw』
友人C『痴鶴さん無双ドラマCDたのむ』
urarano『痴鶴無双了解』
友人A『お前らwww』

11時50分。友人A、B会場内に到着。
友人A『俺は今、猛烈に初日に来たことを後悔している…』
urarano『うむ…』
友人B『とりあえず八月に並んでみた。』
友人C『リース3匹よろ』
友人A『リース5匹よろ』
urarano『リース…いらね。新作の情報だけ流して』
友人B『リース勘弁してくださいw』

12時。友人C入場。
友人C『なんとなくABHARクロシェットに来た』
urarano『VFBたのむ』
友人A『同じく』
友人C『財布の中身は1万円のみだったりw』
友人B『おいwww』
友人A『ところでURARANO氏はどこへ?』
urarano『12時ちょうどのゆりかもめに乗って帰宅中~。』
友人B『さすがだ…』

想像以上の混雑でしたが最低限のノルマは果たしました。島中に配置されたオーガストは点数も多かったので普段の速さではなかったようですが、それでも場所に恵まれていたブースよりも速かったようです。結局、遅いところはどんなにいい場所でも遅いってことですね。
電気外祭り2でぱれっとを消化していたのがラッキーでした。

秋葉原電気外祭り2

27日~29日まで開催中の秋葉原電気外祭り2に行ってきました。

11時スタートだったのですが気合不足の私は秋葉原着が既に12時です。既に狙いのグッズを買い終わったのか、ぱれっとの紙袋を持った人たちとすれ違いながら現地へ。
最初に会場をぐるっと廻ってみるとやはりぱれっとが長蛇の列。私もコミケの負担を減らすべく「ましろ色シンフォニー」のサントラを買う予定でしたが、『最初から並びたくなんかない…』と後回し。
プレイしたゲームのサントラを買い漁る癖があるので、今回も「ステラシアターヴォーカルCD」やセットにサントラが入っている「えんなびセット」やらを買い込みました。

4メーカー合同のぺんしるは10人程度、ロゼブルは待ち時間なし、「シグナルハート+」を持ち込んでいた紫も意外なことにガラガラ、新規描き下ろし絵柄が無かったTwinkleも人がまばらでした。

あれはどこなんだろう?TOYPLAが混んでいたのかな?
それとぱれっとばかりに人が集まっていました。どうやら私はぱれっとの待機列が一番長かった時に並んでしまったようですが、それでもコミケで並ぶよりは遥かにマシだったのではないかと思います。

色々と予定に無かったものまで購入してしまいましたが、今回はコミケのほうが凄く安上がりになりそうなので良しとしておきます。

「花と乙女に祝福をRB」予約

金曜日の更新で待ちに待った特典絵柄が公開されました。

本編は晶子目当てでヨドバシカメラで購入し、夏コミでは晶子の抱き枕カバーを購入した私はもちろん『げっちゅ屋一択』です。
だがしかーし、1月は秋葉原遠征は不可能だったりします…。そんなわけで通販嫌いの節を曲げてポチってきました。エロゲ通販デビューも晶子のためと思えば仕方ありません。さすが脳内嫁といったところでしょうかw

本編はまだ手元に残してあるので通常版を選んだのですが、「夜明け前より瑠璃色なMC」のように本編同梱版と通常版とで特典に差をつけられたりしたら目も当てられません。もしそうなったら人生初の複数買いも辞さず!

それにしても今回は人気投票で圧倒的1位だった晶子の絵柄ばかりになるのかと思っていたのですが…。キャラの指定とかできなかったのかな?


「FUTA・ANE」は表示が二転三転しましたが延期で3月26日発売予定だそうです。続々と消えていく1月候補たち。お次はどのタイトルでしょう?


「遥かに仰ぎ、麗しの」再開しました。
本校組に入って殿子ルートが終了です。いやちょっと、主人公が分校組の時と大違いです。分校組のときは栖香に『もっと毅然としてください』と何回も注意されていたのに、本校組では最初から毅然としてました。大学を出たばかりの新任教師とは思えないほどの先生っぷりですね。シナリオのほうは一番の問題の解決が後日談であっさり語られるだけなのが肩透かしでしたが、現在プレイ中の梓乃ルートとところどころ補完しあっているのが良い感じです。

「FUTA・ANE」延期

1月29日発売予定だった「FUTA・ANE」が3月26日発売予定に延期されました。

現時点ではOHPでの告知はまだですが、ソースはげっちゅ屋です。日付的には『とんだクリスマスプレゼントだよ』とでも言ったところでしょうかw

延期といえば、まだ発売予定日が設定されていなかった「ワルキューレロマンツェ」もようやく延期が発表されていました。『2009年冬』のままでしたからね…。しかし時期の設定すら示されていないというのは『未定』ということでよいのでしょうか?
デビュー作から連続で延期か…。評価を落としたいところですが『原画こもりけい・シナリオおるごぅる』という期待感のほうが上回っています。

時期的にクリスマスイヴということで「しろくまベルスターズ」星名ななみルートを再プレイ中です。これが終わったら「遥かに仰ぎ、麗しの」の続きに戻ります。締めの言葉はもちろん…

ハッピー・ホリデーズ!

追記
「FUTA・ANE」延期のげっちゅ屋の記事が午後になって突然消えました!
どうなってるんでしょう???

「微少女」コンプ

駆け足で終わらせました。

珠希ルート
いつものように少女たちを観察しようと校内の見回りをしていた主人公は屋上でオナニーをしている珠希の姿を目撃します。それ以来、珠希を追いかけ始めた主人公は女子トイレや更衣室にまで忍び込むようになり、オナニーの快感にはまっている珠希を見かけます。そこで主人公は更衣室で入手していた珠希の携帯電話のメアドに匿名でメールを送ることに…。

京花ルート
ひょんなことから京花の胸囲測定の様子を覗き見てしまった主人公ですが京花と目が合ってしまいます。しかし何事も無かったように振舞う京花は主人公を誘うようなスキンシップをしてはからかってきます。そんなとき、主人公の携帯電話に差出人不明のメールが届き、そこに添付されていた画像に驚かされることに…。

ハーレムルート
3人に同時進行でイタズラをしていた主人公でしたが、その行動が3人に発覚してしまい詰め寄られることに…。

終わってみれば良い抜きゲーでした。どのルートでも『こんな私を受け止めてくれるのは主人公しかいない』という流れなのはワンパターンですが、変にシナリオに凝られるよりも良かったかと思います。

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

PUSH、TG新作情報

「もっと姉、ちゃんとしようよっ!」CandySoft→過去作品の続編のようなタイトルですが完全な新作とのことです。『主人公は幼い頃に両親を亡くし養子として引き取られた』という設定なので5人の姉との血縁関係はありません。このブランドは絵が私には合わず見送ることが多かったのですが、今回は「メカミミ」と同時進行だったために原画担当が替わっています。検討。

「Maximum Magic」Lime→内容はよくわからないですが『魔法と学園とファンタジーな世界観』らしいです。ブランドの前作がアレなので様子見。

「戦女神 VERITA」エウシュリー→シリーズ完結編とのこと。RPGというだけで二の足を踏んでしまいます。

「エヴォリミット」propeller→『人類みな超人という破天荒な世界が舞台の学園バトルADV』ということです。カオスな予感が…。

「光輪の町、ラベンダーの少女」あかべぇそふとつぅ→「車輪の国、向日葵の少女」の続編とのことですが、未プレイのため関連があるのか不明です。

「Sugar+Spice2」チュアブルソフト→2となっていますが『続編ではなくコンセプトを受け継ぐ第2弾』ということです。紛らわしいですねぇ。

「超時空爆恋物語」プリムローズ→新ブランド。目を引くのは登場キャラたちが『静御前』『卑弥呼』『小野小町』『クレオパトラ』など歴史上の女性たちだということ。CVも発表されていますが、主人公の幼馴染姉妹にまきいづみさんがいることが無視できません。

「君の名残は静かに揺れて」ユニゾンシフト:ブロッサム→「Flyable Heart」から白鷺茉百合をメインヒロインに据えたスピンオフタイトルとのことです。本編未プレイ。


他に気になるニュースはオーガストです。
「夜明け前より瑠璃色なPORTABLE」に続いてPSPソフト「FORTUNE ARTERIAL伊織の野望」の開発が発表されました。PSP持ってないよ…。
それにしてもオーガストはどこへ向かっているんだろう。少なくとも私との距離は徐々に離れてきたように感じます。

アトリエかぐや新作

PUSH2月号でアトリエかぐやの新作情報が掲載されています。

新作はHTPチームから「姉です。」
現HTPチームといえば「艶女医」「姉汁」などを制作した当時のBYチームのスタッフになっています(当時のHTPチームのスタッフが現BYチーム)。編成変更の後、毎回違う方向性の作品をリリースしてきたHTPチームが本来の『もっともアトリエかぐやらしい』方向性に戻ってきた印象です。

ヒロインは3姉妹。『両親の離婚で離れて暮らしていた主人公と3姉妹が、両親の復縁によって8年ぶりに一緒に暮らし始める』といった流れのようです。ただし主人公と3姉妹は連れ子同士とのことで血縁関係はありません。実姉萌えのかたは要注意です。
またインタビューによると『年上の女性ですから、相応に経験はあるみたいですよ』とのことですので『ヒロインは全員処女じゃないと』という拘りがあるかたにも要注意です。

発売予定日は2月26日。
また2月に期待昨が増えやがった…。
既にOHPでも紹介されていてキャラ紹介までは見れるようになっています。雑誌のほうでは既にHCGも掲載されているのですが、『これは期待せざるをえない』と感じています。

他にも新作情報とかあるのですが、続きは明日にでも書くつもりです。

「微少女」はハルナ先生が終わったことで気が抜けたのか進んでいません。早く終わらせて「遥かに仰ぎ、麗しの」本校組→ゆのかにベルスターズに進みたいのですが…。

「微少女」ハルナ先生ルート

主人公は女子校でパソコンの簡単な操作を教える特別講師。少子化のあおりをうけて進学率を高める目的から、主人公の担当するパソコンの授業の廃止が検討されていると通告されます。少女の姿を見ることが大好きな主人公にとって天国といってもよかった職場を失うピンチです。
これまでクビになるのが怖くて積極的な行動や怪しまれるような行動をとらないできた主人公でしたが、『どうせクビになるなら』と積極的に行動することを決心します。

ハルナ先生ルート
体調を崩して保健室で休んでいた主人公が出会ったのは新任の養護教諭・ハルナでした。成人女性でありながら生徒たちと同様な容姿のハルナに強く惹きつけられる主人公。
主人公の何気ない言葉で、自分の子供っぽい容姿にコンプレックスを持っているハルナは傷ついてしまいます。そしてハルナが言った言葉は『責任をとって、プロポーション改善に協力してくださいね』…。

頭身が低めなだけで普通の抜きゲーです。もっともブランド的には頭身が高めのようですがw
シーン回想は23ですが、序盤のハプニング的なパンチラなども回想枠を使っているので実質的には17くらいです。主人公と関係を持って、一気にエロに開花していくハルナ先生が可愛いです。個人的にキツイと感じるような表現もなかったので他の2人もプレイしてみます。

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

「微少女」回収

本日発売の「微少女」を引き取ってきました。
いつものようにプレイ開始は明日からです。攻略予定順は『ハルナ先生→ハルナ先生→ハルナ先生』となっていますw

ヒロイン3人で1人しか興味が無いのに買ってしまうとは…。まぁハルナ先生ルートをプレイして大丈夫そうなら小娘2人のルートもプレイしてみます。来年からの検討新基準では見送りになるはずの作品なのですが、時期に恵まれたということでしょうか。


コミケ物販追加
ぱれっと→セットはいらないが「ましろ色シンフォニー」サントラは欲しい。コミケでの負担軽減のために秋葉原電気外祭りのほうでの入手も検討。


「右手が止まらない俺と幼馴染の姉妹」延期
1月29日から2月26日発売予定に延期です。「花乙女RB」くらいしか強力候補がいなかった1月だからこその候補入りだっただけに、激戦風味な2月では厳しいです。もっとも有力候補も新基準だと確定とまではいえないので、体験版での巻き返しに期待。

「しろくまベルスターズ」コンプ

寝る間を惜しんでプレイしました。

りりかルート
訓練中の事故でジェラルドの機体、ベテルギウスにトラブルが発生。イブまでに本来の性能を取り戻せる見込みが立たないことから、サンタの中で実力が抜きんでているりりかを活かすために主人公がパートナーになることに。NY本部のエースだったりりかの要求は高いものの、その技術と的確な判断力に尊敬の念すら感じるようになります。りりかの指導によって急速に成長する主人公でしたが、その成長のスピードは誰にも予測できないものとなり…。

硯ルート
訓練中にトラブルに陥った3組でしたが、主人公の指示を硯が実行する形で脱出に成功。硯の成長を感じたサンタ先生は自らパートナー交替を申し出ます。新たにパートナーになった主人公と硯でしたがお互いに相手に合わせようとするあまりに調子を落とし、焦りがさらにミスを呼ぶ悪循環に陥ってしまいます…。

きららルート
訓練からの帰路、きららやつぐみ達と遭遇したサンタ達。普通の人たちの目には映らない状態だったはずなのに、主人公ときららの目が合ってしまいます。さらに驚いたきららの視線の先につぐみがカメラを向けます。その場は逃走したサンタ一行でしたが、『きららは何をどこまで見たのか?』『つぐみのカメラに撮られてしまったのか?』に戦々恐々とする日々が始まります。主人公はきららと接触する機会を増やし、様子を伺いますが…。

我ながら核心にまったく触れない感想に呆れますw
ななみルートも含めて、全ルートでほのぼの・まったり・ちょっぴりシリアス・心暖まるストーリーになっています。
話数形式で全ルートが13話+エピローグとなっています。選択肢は2回だけで3話途中には個別に入っていきます。そこからが長いので『日常パートなんか面倒くさい』という人にはおすすめできません。
シーン回想は『ななみ2、りりか8、硯2、きらら3』と偏りまくっていますが、尺が長く連戦もあるので2しかないキャラでもそれなりに満足です。個人的にはななみと硯にもう1回づつ欲しかったのですが…。
全キャラ攻略後にタイトル画面に現れるエピローグでは翌年のイブの様子が語られていますが、声優さんたちによる『winter bells合唱バージョン』が秀逸でした。「てとてトライオン」でも主題歌の合唱バージョンがありましたが、そちらは声優さんの歌唱力がバラバラで聴いていて赤面したくなるような出来でした。しかし今回は全員、声がしっかり出ていて良好です。

今ならまだ高値で売り捌けそうですが、手元に残しておきたいという気持ちのほうが強いです。以前は『WILL系列はFDを出さない』と言われていましたが、最近はそうでもないようなのでいつかなんらかの形で「しろくまベルスターズ」のキャラたちと再会できたらと思います。

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

「エアリーフェアリー」マスターアップ

1月に発売予定日が延期した「エアリーフェアリー」が昨日マスターアップだそうです。
『今月の25日発売に間に合うじゃん…』という気がしないでもないですが、きっと余裕を持って延期させていたのでしょう。
体験版やらないとな…。


コミケの物販情報も続々と出てきていますね。気になるところといえば…

オーガスト→セットのテレカ&ドラマCDが伽耶様か…。パスですねぇ。ただ今回の小冊子に新作の情報が載るらしいので何か買いたいところです。イラスト画集あたりが手頃か?しかし今回は点数が多いので捌きが悪くなりそうな予感がします。
AXL→セットは気になるが『どうしても欲しい』とまでは思えず割高感が…。
Ricotta→セット価格6500円と高めですがシルヴィのサンタテレカは魅力大。買えたら買う。
WILL→「花乙女」ドラマCD&「しろくまベルスターズ」テレカは確定。
Whirlpool→グッズを漁るほど「77」を気に入ったとは言い難い。
ういんどみる→「カンパネラ」はともかく新作には今のところ興味なし。セットに混在されてるのは個人的に美味しくない。
Twinkle→「とろキス」のテレカは無いようだ。
ブルハン→「アイナの新婚日記」は確定。

なにやら今回は凄く安上がりになりそうです。
セットの中に『お風呂ポスター』が入るところが多くなってきたように感じます。個人的には用途がないので減点材料です。


「しろくまベルスターズ」りりかルートに突入。ペアの組み換えで一瞬だけ悲しそうな表情を見せたななみに心が痛んだ。コンプしたらもう一度ななみルートをプレイしよう…。しかしななみルートを先にプレイしていなければ、あの表情の本当の意味が分からなかった。『ななみルートはりりかルートより先にプレイ』を推奨するべきか…。いや、この先がまだ長いし結論を出すには早すぎますね…。

「しろくまベルスターズ」ななみルート

ようやく一人目が終わりました。

積極的に町の人々と交流を図るななみでしたが『主任務のはずのイブに向けての訓練が疎かになっている』とりりかに批判されます。『サンタらしい決着を』とりりか&ジェラルドに挑むななみ&主人公でしたが1回目は秒殺。2回目も圧倒的な能力差を見せつけられて完敗してしまいます。3回目の勝負に向けて訓練を重ねるふたりは…。

いいんじゃないでしょうか。『キャラ萌えできればいいや』くらいに考えていたのですがシナリオも予想以上でした。他のルートもこのレベルを維持していてくれると良いのですが。「ゆのはな」「遥かに仰ぎ、麗しの」には付いていた『本編から始める』が今回は付いていないようです。そんなこともあろうかと最初の選択肢でセーブしておいて良かったです。
次はりりかです。


PUSH11月号表紙テレカ到着
『星名ななみ』テレカが届きました。ななみルートプレイ中に届くとはナイスタイミング。そりゃテンションも上がるってものです。

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

「しろくまベルスターズ」プレイ中

まだ一人目のななみが終わりません。
テキストをしっかり読むタイプの私には、かなりのボリュームに感じます。

冒頭の主人公の語り部分で『父親の肩の上で星を掴もうと手を伸ばした』というようなことを言っていましたが、なんとなく銀河英雄伝説のラストシーンを思い出しました。ミッターマイヤーの肩の上でフェリックスが同じ仕草をするんですよね。そういえば「ゆのはな」だったか覚えていませんが寝言で『紡錘陣形を…、中央突破する…』とか言っていたのも銀英伝っぽいですねぇ。

他にも『ロードス島戦記』やら『エリア88』とかのネタを確認。ネタ元が古すぎて微妙なのに即座に理解してしまった私には歳の離れた兄と姉がいたりします。末っ子ゆえに可愛がってはもらいましたが欲を言えば妹が欲しかったw

現在の進行状況は主人公とななみが『ただのパートナー』から少し近づいたくらいです。先は長そうですね。

ざっと50万円

今年エロゲ関連に使った金額です。

2月に入院、3月に確定無しがあったはずなのにドリパ春と夏コミで大爆発でした。もっともゲーム本体を売り払ったりしているので純減は40くらいかと思っています。
『こんなだから貯金が増えないんだよ』という訳で、来年から検討を厳しくやっていくつもりです。

具体的には
・無条件確定タイトルは現状のまま。
・買取額暴落確定作品は中古回収→今年なら「ましろ色シンフォニー」etc
・FDは基本的に中古回収→今年なら「プリ☆さら」「すまいるCubic」etc
・ヒロインにいらない娘がいる時は評価待ち→今年なら「さくらテイル」etc
・メーカー買い禁止→オーガストだろうとブルームハンドルだろうと例外ではない。
・低価格ゲームの衝動買い禁止→現在6本未開封のまま…。

浮いた分を貯金にまわして新PCを買う資金にする計画の発動ですw

「しろくまベルスターズ」回収

夜勤明け、雨の中、引き取ってきました。

ソフマップの不手際によって年内不買運動続行中のため「スズノネSLC」に続いてとらのあなで購入しました。予約後にPCゲームの値段改定があり、新価格にて購入7,634円でした。買い得感が増したとらのあなには今後も期待したいところです。

いつものように今日はインストールのみ。明日からプレイします。攻略順の予定は『ななみ→りりか→硯→きらら』です。私にとって鬼門というべき『幼馴染ヒロイン』がいないのでキャラ紹介順(デモムービー)でいきます。


「遥かに仰ぎ、麗しの」中断
分校側の3人が終了。それにしてもシーン回想枠20のうち分校の3人だけで16が埋まるとは思いませんでした。すみすみが8、みさきちが6、ゆうゆうが2。この格差は…。
そして本校側もヒロインが3人。残っている枠は4…。なんという偏り具合なのか。でもシナリオの評価は本校側のほうが良いらしいので「しろくまベルスターズ」をコンプしたら再開します。


オーガスト放送局FAラジオ
昨日更新。ゲストは悠木陽菜です。ひなちゃんの声は癒しです。私が抱き枕カバーを初めて購入したキャラなだけに思い入れもたっぷりです。ちなみに抱き枕カバーを買ったのは悠木陽菜の他には月丘晶子だけだったりします。そして抱き枕の本体は未だに持っていませんw
次回も引き続きゲストは陽菜です。


ここのところ急激に仕事が忙しくなってきました。更新できない日が増えると思います。大晦日も三が日も仕事確定~。

壁紙6点?3点?

しゅがーぽっと様からメールがきました。

夏に貼っていた『抱き枕カバーの応援バナー』の参加者プレゼントについてです。
件名には『オリジナル壁紙6点セット出来上がりました』とあるのですが、指定されたURLには3点しかありませんでした。あと3点はどこでしょう?


「遥かに仰ぎ、麗しの」プレイ中
予想外にボリュームがあります。まだ2人しか終わっていません…。噂の?シリアナード・レイのところで笑いました。サブキャラの生徒たちにも名前が付いているので一人目の序盤は混乱状態。それにしても鏡花がサブキャラなのは勿体無いなぁ。

1月購入作品検討

まだまだ見通しはたっていませんが候補作を挙げてみます。

確定
「花と乙女に祝福をRB」→特典絵柄公開待ち。本編でまきいづみさんに魂を抜かれました。月丘兄妹のエピソードがあるだけで満足です(Hシーンの有無など問題にはしません)。懸念材料はエピソードのひとつで主人公がヒロインたちから攻められまくっていることで、行き過ぎが無いことを願っています。

検討
「なりきりバカップル!」→体験版待ち。絵的にいらない子がいないのは強み。

「airly[F]airly」→体験版を積んでいる状態。ブランディーヌさんとのHシーンがあるかどうかで印象が大きく変わる。

「キュアフル」→体験版を積んでいる状態。戯画とはイマイチ相性が良くないのが気がかり。

「右手が止まらない俺と幼馴染の姉妹」→やけに気になります。当たり外れは大きそうですが…。


「遥かに仰ぎ、麗しの」プレイ中
まだ1人目の途中です。ペースが上がりません。主人公が教師でヒロインたちが生徒という時点で『教え子に手を出す教師』になってしまうわけでモヤモヤします。

「ゆのはな」終了、「かにしの」開始

全ては「しろくまベルスターズ」の特典を楽しむためにっ!

というわけで「ゆのはな」コンプしました。
わかばのシーン回想が2しかないのが残念でしたが穂波で挽回。能天気な主人公と守銭奴な神様はいいコンビでした。ゆのはな町にサンタがやってくるんですね。特典ディスクの登場キャラを見るとヒロインでは椿さんがいないようです。しぶぞうがいるから良しとするべきか。是非ともななみに来てもらってゆのはと絡んでほしいです。

そして引き続き
「遥かに仰ぎ、麗しの」を始めました。
先輩の暁先生の声が某エーストナカイですね。11日までにどこまで進むかわかりませんが、『多分すぐには売らないしノンビリでいいかぁ』と怠け根性発動中。分校のほうから始めるつもりです。

冬コミ

私の職場は年末年始も関係なく稼動し続けます。

一応冬コミの期間に合わせて休みの申請を出しておきました。予想通り大晦日から正月にかけては申請がかなり重複しているようですが、微妙にずらして申請したので29日か30日かのどちらかは休めると思うのですが…。


クロシェット様からメールが届きました。
「スズノネセブンSLC」応援バナーキャンペーンの参加者全員プレゼント・スペシャルボイスをいただきました。内容は美奈都と仁乃、というよりは桜川未央さんとヒマリさんがSLCについて語り合ったり似てないモノマネをしたりです。「スズノネセブン」本編の時はバナーキャンペーンに登録すると確認メールが来ていたのですが今回は無かったのでちゃんと登録できていたのか不安でした。やっていたことをやらなくなる。クロシェット様もすっかり人気ブランドになったということでしょうか。


はぴとら外伝
「アイナの新婚日記」冬コミ先行発売。一般発売は1月22日。2000円。
日記シリーズのタイトルもネタ切れでしょうか?裕美子さんに続いて2回目の新婚日記です。休みがとれたら冬コミで「アイナの新婚日記」と「花と乙女に祝福をのドラマCD」を買うんだ…。


「ゆのはな」
わかば、椿、穂波まで終了。ほなにー最高!

「ふくびき!トライアングル」発売予定日決定

昨日書き込んだ数時間後にげっちゅ屋で情報が出てました…。

2月26日発売予定です。

2月か…。バナーを貼ってるタイトルだけで「ふくびき!トライアングル」「かしましコミュニケーション」「星空に架かる橋」と3作品。他に「借金姉妹2アフターストーリー」も2月ですねぇ。9月以来の激戦の予感です。

今まで買ってきたゲームから私が『明らかに萌えゲー寄りな人間』なことは、以前からこのブログを見てくださってるかたにはお分かりでしょうが、私が候補にしているからといって「ふくびき!トライアングル」を同一視してはいけませぬ。

PUSH1月号インタビューより
『サブキャラの男達(お父さん含む)に、ヒロイン達がアレとかソレとかされちゃうこともあったり?』という問いに対する回答は
『これはストーリーに関わる重大な質問ですね。ないか?と言われたらある!と答えざるを得ない。(以下略)』となっています。

そっち方面がダメな人、または大好物な人の検討材料になるでしょうか?
ちなみに私は得意ではありませんが拒絶反応もありません。ただし集団レ○プっぽい状況になるとかなり苦手になるので今後も情報収集は欠かせません。


「ゆのはな」
快調にプレイ中。既に2人目の個別に入ってます。
もう随分前の作品ですし感想は需要ないですよね?

「ふくびきトライアングル」バナーキャンペーン

冬発売予定の「ふくびきトライアングル」のバナーキャンペーンに参加しました。

登録したところ非常に丁寧なメールが送られてきて、登録フォームのメッセージ欄に記入したことへの回答があるなど好感をもてる対応でした。

ブルーゲイル様といえば「鬼父2」などのイメージがあって今までプレイしたことがなかったのですが、今作のラブエロADVには期待しています。『ハードな作風のブランドが自主規制をうけてどのような展開をしてくるのか?』という意味でも注目しています。


「微少女」予約しました。
ヨドバシカメラ店頭での予約です。以前、一般レジのすぐ横で店員さんに口頭で予約タイトルを説明した経験から、今回はメモ用紙に『発売日、タイトル名、ブランド名、特典の有無』を記入しておいて店員さんに渡すという万全の策を用意しました。
ちなみに店員さんはあちらこちらに電話して在庫の確認。『メーカーさんに在庫確認したところまだ大丈夫です』と最終的にはたぬきそふとまで連絡がいったようです。

「スズノネセブンSLC」柚子里ルート、すみれルート

コンプです。

柚子里シナリオ
卒業を間近に控え首席として答辞を考えなければならない柚子里でしたが、トライアルで結ばれた主人公との関係もいたって良好でふたりでいると他のことが手に付かなくなってしまう状態です。そんなふたりの前で発生した魔法犯罪。卒業まで学即違反をしないと約束していた柚子里は魔法無しで犯人の前に立ちふさがります…。

すみれシナリオ
本編から1年以上が過ぎ、主人公とすみれの卒業も近づいてきた2月。スズスポのバレンタイン直前特集でチョコをあげたい男子ランキングで主人公が1位になり動揺するすみれ。また主人公の知らないところで進行していた『代官山家への婿入り』の件も蒸し返されて…。


柚子里に関してはドタバタさせつつ答辞でいい話に仕上げるのかと思ったら…。成績優秀、才能に恵まれながらも努力を怠らない、不正を憎む清廉さ、何事も諦めない不屈さ、そんな鷹取柚子里も結局はセブンですねぇ。
すみれは本編でもそうでしたが『キャラ勝負』に徹しています。しかしスーパー妹タイムを超えることはできなかったかなぁ。主人公と蓉子さんの対面に期待していたのですが、それが無かったのには落胆しました。すみれや学園長が『初めて見たときに衝撃をうけた』というほど亡夫と似ているらしい主人公を見て蓉子さんがどういうリアクションをするのかに興味があったのですが残念です。

本編ヒロイン組も終わりフルコンプです。8人のストーリーで期待値以上だったのは文句無しで莉里、ギリギリで桃子さんと美奈都くらいでした。なんというか痒いところにギリギリ届かないようなもどかしさを感じることが多かったです。個人的には主人公の活躍の場が少なかったのが残念。『世界のユキムラ』まで成り上がる話をSSでいいから作ってほしいです。

「しろくまベルスターズ」発売まで1週間以上の時間を確保できたので中古回収しておいた「ゆのはな」「遥かに仰ぎ、麗しの」をできるところまで進めておきます。全てはしろくまの特典を100%満喫するために!

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

「Cross Days」延期

12月18日発売予定だった「Cross Days」が延期になりました。新しい発売予定日はなんと『未定』。
もうなんと言っていいやら…。
もっとも私は最初から候補にすらしていませんがw

たしか最初の発売予定日は2月だったと記憶していますが、1年延期が見えてきましたね。秋にめでたく発売された「さくらさくら」といい、これだけ長期にわたる延期は理解に苦しみます。また小刻みに延期しているのを見ると、一気に5ヶ月延期した「恋色空模様」のほうがダメージが少なく見えますね。

延期癖のあるブランドの作品はマスターアップ後の予約を心がけているので、私自身は長期の延期に巻き込まれたことがありません。それでも待ち続ける人たちの気持ちは正直に言えばよく分からないのですが『頑張ってください』とだけ書いておきます。

バナー置き場

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

目指せ!エロゲ代
管理人注目作!
ま~まれぇど新作第9弾『プライマルハーツ』 puremore『契約彼女』応援バナー120×640_1 お兄ちゃん、右手の使用を禁止します! 『乙女が奏でる恋のアリア』2014年11月28日発売予定 ALcot『Clover Day's』応援中! 『PRETTY×CATION』を応援しています!
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。