FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Primary」マリアルート

共通はプリムルート参照

主人公はマリアをパートナーにしてマトゥリタの依頼をこなしていきます。主人公の目的は『日奈々の視力を奪った精霊を制御すること』であり、氷の精霊の上位種族を使い魔にできるほどの実力を持つマリアに尊敬の念すら感じています。
しかしマトゥリタは順調にはいかず、簡単に思えた依頼を失敗するなど留年のピンチに…。そんな事態に娘を溺愛しているマリアの父親はマリアに転校を勧めます。本心では魔法の勉強を続けたいマリアを励まして、ふたりは高得点が望める遺跡の調査に向かうのですが…。

マリアは大企業の社長令嬢という設定ですが、友人ふたり(プリム・ライム)と先輩(ミンティア)が貴族の娘ということもあって『お嬢様』っぽいところでの差別化ができていないように感じました。『お嬢様』というより『からかうような発言で周囲を慌てさせる大人びたクラスメイト』という印象が強かったです。

それにしても日奈々がプリムルートに続いてここでも物語の根幹に関わりそうな意味深な発言をしていました。やはり日奈々ルートが真ルートなのか?お気に入りのライムを最後にする予定でしたが順番を再考します。次はミンティア先輩です。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

「Primary」プリムルート

主人公はより高度な魔法を学ぶために日本から留学してきました。彼の目的は『妹・日奈々の視力を奪った精霊を制御して日奈々の目を治す』ことです。日奈々とともに渡欧してバンチェスタに到着した直後に精霊の暴走に遭遇した主人公は見事にそれを静めますが、主人公兄妹が入居する予定だった学生寮に被害が出てしまいます。
普段は使い魔が目の代わりをしている日奈々ですが、夜には使い魔力を維持できず盲目になってしまいます。そこで2人部屋を探す主人公に部屋を紹介してくれたのは、暴走した精霊との戦いに巻き込んでしまった女生徒・プリム、プリムの双子の妹・ライム、2人の友人・マリアの3人でした。3人が紹介してくれた部屋はホーリーベルという冒険者宿。今は食堂としてしか営業していませんがセラフィナ、チャイムの姉妹が経営しています。
主人公たちが転入してきたのはマトゥリタという試験の直前。魔法使いとしての将来がかかっていると言ってもよい重要な試験です。主人公は留学の目的のために最難関と呼ばれるリカルド先生の教室にプリム、ライム、マリアと一緒に参加することに。リカルド先生から与えられた参加の条件を満たすために昨年のマトゥリタで最高得点を出したミンティア先輩と勝負することになります。ミンティアは主人公とプリムを同時に相手にしながら実力を見せつけますが、2人の実力を認めます。晴れてリカルド先生の教室に参加することになった4人はマトゥリタに挑むことになります。
ここまで共通。

プリムをパートナーにマトゥリタの依頼をこなしていく主人公。最悪に近い出会いから喧嘩が絶えなかったふたりですが共に行動し語り合うことで徐々に打ち解けていきます。マトゥリタをこなすうちに成長し、コンビとしても息が合ってきた主人公とプリムを見て勝負の虫が騒いでしまったミンティア先輩。ミンティアからの再戦の申し出を承諾し、マトゥリタの合間を縫って特訓に打ち込む主人公とプリムでしたが主人公の体調に突然の異変が…。

いきなりメインヒロイン・プリムから始めました。典型的なツンデレです。両想いになってからのデレっぷりにニヤつきました。体験版でチラっと映った『小さいプリム』があんなに出番が多いとは考えておらず、嬉しい誤算でした。

つっこみたいところも2~3ありましたが伏線もきっちりと回収できていて余計なストレスを感じることもなくENDまで進めました。他のルートにも期待します。次はマリアの予定です。

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

「Primary」「ステラ☆シアター」購入しました

相変わらず夜勤明けに引取りです。

本日の買い物
「Primary」ゲーム本編
「ステラ☆シアター」ゲーム本編
「フォルト!!」先行販売マキシCD
「夏色さじたりうす」サントラ

今日はインストールだけです。明日からプレイ開始します。「Primary」から始める予定です。それにしても開店時間に出遅れたら長蛇の列になっていました。見た感じでは「ステラ☆シアター」「さくらさくら」を購入している人が多かったようです。私も「Primary」と「ステラ☆シアター」の予約券を出したのに何故か「さくらさくら」を渡されそうになりましたw

「フォルト!!」「夏色さじたりうす」のOPに加えて「ステラ☆シアター」も特典でマキシCDが付いてきたのでMP3プレイヤーも曲の入れ替え次期です。

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

「そらいろ」体験版

7月31日発売予定の「そらいろ」の体験版をプレイしました。

ヒロインは3人。主人公の妹・愛衣、お隣さん・つばめ、妹の友達・花子です。子供の頃にこの3人とどう過ごすかによって『誰を一番身近な存在と感じているか』が違う状態で本編が始まるようです。たとえば『愛衣を身近に感じている』世界では当然愛衣がメインルートですが、つばめと花子にもサブルートが用意されています。メインルートが3本にサブルートが6本という構成なのだろうと思います。

体験版では子供時代の3人それぞれとの出会いのシーンと本編の3つの世界での3人の性格の変化などが簡単に説明されています。特に変化があるのは花子で、本人の世界とつばめの世界では明るく元気な性格なのが愛衣世界ではおしとやかになっていたりします。またヒロインたちだけではなく主人公の性格も少しづつ違っているようです。

候補が少ない月だったら確定でよかったと思うくらい興味を持ちましたが、7月は検討作品が多数なのでもう暫く迷いたいと思います。

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

「フォルト!!」体験版

7月31日発売予定の「フォルト!!」の体験版が公開されています。

主人公は男女あわせて5人しかいないテニス部に所属しています。気分屋の妹に振り回され天然気味のクラスメイトに癒される日々
ある日、部活中に主人公は足にケガを負ってしまいます。クラスメイトでテニス部員の藍は主人公のケガに責任を感じてあれやこれやと世話をしてくれるようになります。それが面白くない妹の澪が藍に対抗しはじめて事態は混乱していきます。そんな状態に疲れを感じていた主人公にテニス部の部長・黎子が突然キスをして、運悪くそれを藍と澪に目撃されてしまいます…。

作品スレでは概ね不評のようです。絵はさすがに素晴らしいのですが、シナリオが足を引っ張っているという意見が多いようです。個人的には『そこまで叩かれるほどじゃないかな』と許容範囲ですが、主人公の「はっ!」には苛つきました。それにしてもこの主人公は何が取り柄なのか体験版ではわかりませんでした。藍は天然すぎて何を考えているのか分からないところがあり、嫉妬したり対抗したりする澪が一番分かりやすいキャラでした。

『体験版で本編への期待が上がったか?』と聞かれたら苦笑するしかないのですが、個人的には『それでもこの絵は魅力的』ということで購入するつもりです。

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

「ANGEL NAVIGATE」CV発表

9月18日発売予定の「ANGEL NAVIGATE」のCV発表がありました。

詩音→中家志穂。6月に「Primary」のチャイム役で会います。
陽菜子→水霧けいと。去年の「あるすまぐな」のアプリコットちゃん以来です。
小春→小倉結衣。8月に「さくらテイル」の若葉凛子役で会います。
彩花→青葉りんご。今年に入ってからやたら会います。「夏色さじたりうす」藍香役、「花と乙女に祝福を」眞弥子役、「Primary」プリム役、「フォルト!!」澪役、「さくらテイル」リディ役。

予想は全滅~♪
まぁ予想と言うより妄想でしたがw
青葉りんごさんとの遭遇率が去年までと比べて急上昇してます。去年は木村あやかさんがそんな感じだったかな。木村あやかさんはそろそろ復帰したのでしょうか?

それにしても名前を見ただけで全員の声が脳内再生できてしまうことは喜ぶべきか悲しむべきか…。

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

「PUSH」「TECH GIAN」8月号購入

めぼしい新作情報はTGでブルームハンドルの『ぺこ&北側』コンビによる新作「はぴとら」の情報が公開されました。なんと、ファンタジーな世界が舞台です!しかし発売予定が9月に重なってきました…。激戦です。ヤバイです。「ANGEL NAVIGATE」「トロピカルKISS」「ハルカナソラ」「プリさら(仮)」と既に確定級の作品が4本固まってます。『2本はFDだから4本とも買っちまえ』と思っていたところに追加しろというのでしょうか…。まぁ1本くらいは延期するだろうと縁起でもない予想をもとに保留しておきます。

こちらもTGでbootUP!から新作「FUTA・ANE~ふたあね」の情報が公開されました。「あねいも2」から立て続けにFDを出していましたがようやくの新作です。メインヒロインは双子の姉。ハーレムルートもあるそうです。冬予定。

他にもぱじゃまソフト、OVERDRIVE、ALcotの新作がTGで発表されています。今月のPUSHは新作情報という面ではいいところなしですね…。

「天神乱漫」のプレイ状況ですが佐奈ルートをクリアしたところで停滞。このまま中断することになりそうです。キャラはいいのに…。シナリオが私には合いませんでした。かなり頑張ったのですがこれ以上続けるとエロゲから距離を置きたくなるくらいストレスを感じました。繰り返しますがキャラはいいです。声もいいです。楽しめる人も多いと思います。私がダメだったというだけのこと…。

相互リンク1件です。ロリ専科さまです。私の属性からは外れるジャンルなので、そちら方面もどんとこいの方たちは右欄下のリンクから覗いてみてはいかがでしょう。

「Primary」体験版

6月26日発売の「Primary」の体験版が公開されました。
TG版(声なし)はプレイしていましたが声が入るとやはり印象が変わります。

主人公は日本から魔法を学ぶために訪れた留学生。日本では決められた師匠のもとでしか魔法を学べないことになっており、『精霊の暴走によって視力を失った妹・日奈々の目を治したい』という目的のために渡欧してきたのです。
転入する学院に到着した主人公は精霊の暴走に遭遇します。精霊と対峙していた女生徒・ライムを逃がし見事に精霊を無力化させましたが、戦闘の影響で学生寮の一部が破壊され、さらにライムの双子の姉・プリムを巻き込んでしまいます。
破壊された寮は主人公と妹が入居する予定だった部屋が含まれており、代わりの部屋は一人部屋しか用意できないことに。日奈々は使い魔の助力で視力を補っているものの、魔力の不足で夜には使い魔を維持できなくなってしまいます。その世話のためにも2人部屋を探す主人公でしたが結果は芳しくありません。事情を知ったプリムとライム、その友人のマリアが紹介してくれたのがホーリーベル。元は冒険者宿だったホーリーベルに下宿することになった主人公兄妹はオーナーの妹・チャイムとも知り合います。
学院はちょうどマトゥリタと呼ばれる試験の直前。将来を決定するほどの大きな試験に主人公は最も厳しいといわれるリカルドの教室に参加することに。同様にリカルドの教室に参加しようとしていたのはプリム、ライム、マリアの3人。参加の条件とされたローブの素材を賭けて先輩のミンティアと魔法勝負をすることに…。

TG版では出てこなかった設定は『主人公兄妹が国賓として扱われているらしい』『ホーリーベルの主人公兄妹の部屋の窓にプリムの部屋が面している』ことなどでしょうか。特に前者は日奈々が日本では爺やから『姫』と呼ばれているような記述もありました。

既に予約済みなのですが、安心して引き取りにいけそうです。

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

「天神乱漫」3ルート終了

姫、葵、まひろルートが終わりました。

主人公は常に不運がつきまとっている学生。ある日、そんな主人公のもとに土地神様が現れます。主人公の不運は天罰によるもので一族全員に及んでいるものの各自の幸運量と相殺されており、幸運量が少ない主人公は今後が危険になるとのこと。しかし天罰は上位の神様が決定したもので、土地神様には解除できず、発生した天罰から主人公を守ることになります。
また土地神様自身も『神の検定試験』を受けている状態。『神の地位になどこだわらない』と言う土地神様ですが、上位の神様から試験に合格したら主人公の天罰を解除するという条件を出されており、そのために試験を受けています。
土地神様は姫、その従者はルリと名乗り主人公と同居、そして同じ学園に編入してきます。

姫ルート
土地神様。土地の管理に専念して人との交わりを疎かにしてきたことから資格を問われています。そのせいか体験版にも収録されていた体験入部や文化祭実行委員長など多くの人と関わるイベントが多いです。このルートで話題の中心になる文化祭は準備段階からトラブルが続出。中止寸前に追い込まれてしまいます…。

葵ルート
幼馴染。文化祭直後に実施される学生会長選挙を盛り上げようと立候補を決める葵。主人公がそれを手伝いますが、当初立候補していた学生が辞退してしまいます。そこへ姫が対抗馬として立候補することになります。また恋愛ごとに疎い葵が主人公に告白してくるなど積極的に甘えてくるかと思ったら、次に会ったときには覚えていないなど不思議なことに…。

ましろルート
学生会長。誰に対しても明るく優しい笑顔を見せるましろ。主人公はましろの笑顔に違和感を感じて、その疑問をましろに質問します。その時ははぐらかされましたが、数日後ましろが主人公に告白。混乱しつつも主人公はそれを受け入れて付き合うことになりますが…。

天罰など、作品の根幹部分を放置しているましろルートが私に一番しっくりくるのは何故だろう…。

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

「Primary」「ステラ☆シアター」マスターアップ

両タイトルとも昨夜のマスターアップ報告でした。

それを受けて「Primary」は明日にでも予約してきます。体験版は『近日公開』ということですが、私はTGを毎月購入しているので音声なしのTG版は確認済みです。さらにサントラプラスのドラマCDで雰囲気もつかんでいるので後悔はありません。
「ステラ☆シアター」は先日も書き込んだようにシステムの面で評価を見てからにしたいので予約はしません。でもやはり絵は魅力です。主人公も良い意味でバカ主人公なので楽しめそうです。買う気マンマンの評価待ちということでいきます。

「天神乱漫」は牛歩プレイ中です。姫、葵が終わったところです。ここ数日、毎日残業になっているので時間がないのですが、定時で帰れたときにでも感想を書き込みたいと思います。

数日前に入れ替えたばかりのバナーですが「77」「メモリア」のバナーを外して「ハルカナソラ」「トロピカルKISS」のバナーを貼りました。バナーキャンペーンをやっていないor参加してないというバナーは簡単に交代させられてしまうのです
ちなみに現在、左欄と右欄にあるバナーは全てキャンペーン参加中です。余程のことがないかぎり購入確定するタイトルばかりになっています。

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

6月・7月購入作品検討

「フォルト!!」の延期で予定が狂ったので7月分と合わせて再検討です

6月
確定
「Primary」→魔法成分補給。主人公に期待。

検討
「ステラ☆シアター」→体験版2プレイ済み。絵は良いがシステムが不安。主にシステム方面で発売後の評価待ち。


7月
確定
「フォルト!!」→絵買い。予約済み。

検討
「77」→ブランド的には買いたいし声優陣も魅力だが攻略可能人数10人が不安要素。ひとりひとりが薄くなるなら不要。評価待ち。
「メモリア」→ブランドの前作が桜の精ですら消化不良に感じただけにシナリオが不安。評価待ち。
「ナツユメナギサ」→体験版待ち。
「そらいろ」→体験版待ち。
「ちゅぱしてあげる」→アトリエかぐやらしい作品の予感。

6月は「Primary」が延期したら何も買わないこともありえます。7月は決め手に欠ける状態です。

「花と乙女に祝福を」人気投票開催中

タイトル通り、人気投票がスタートしてます。

投票にはゲームに同梱されているシリアルコードが必要なので、誰でも参加できるわけではありません。
実際にお金を出して買った人の声が反映されるのは良いですね。ネタ投票や組織票が防げるだけで結果に納得できると思います。
初日は予想通り、『晶子独走。月丘兄妹1・2独占!』。3位争いは志鶴と都が抜きつ抜かれつの激戦になっています。祈が思ったよりも票が伸びませんが、やはり少しキャラが弱かったのでしょうか。

投票期間は10日間。19日10時までになっています。だらだらと長期間続くよりも良いと思います。私も投票しつつコメント欄で『FD制作』を要望します。

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

「天神乱漫」はじめました

冷やし中華のようなタイトル通り「天神乱漫」を始めました。

が、「花と乙女に祝福を」のお気に入りループからなかなか抜け出せずペースが上がらないでいます。予定では最初が姫で最後が佐奈のつもりです。
いまだに体験版部分すら終わっていませんが、やはりパロディネタが多いですね。最後までこんな感じなんでしょうか?
長期戦になりそうな気がします

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

バナー入れ替え

7月作品から「メモリア」「ナツユメナギサ」「77」8月作品から「&LOVE」のバナーを追加しました。

それにしても1年以上バナーを貼りまくってるわりにプレゼント当選は一回もありません。参加者全員プレゼントの壁紙くらいですね…。

「Angel Navigate」のOHP更新でCGが追加されたのですが、私のお気に入りでもある陽菜子が主人公と風呂で戯れています。注目すべきは髪型です。陽菜子はツインテールなのですが風呂では髪をおろしています。今まで風呂でもリボンを付けたままのヒロインとかを数多く見てきただけに、こういう細かい工夫に目がいってしまいます。

新ブランドTwinkleの「トロピカルKISS」のCVが発表されました。私が無類の弱さを発揮する声優さんたちは残念ながら含まれていませんでしたが、やはりあの絵は魅力的です。OHPでの告示はありませんが雑誌では発売予定が9月になっています。9月といえば「ハルカナソラ」「Angel Navigate」「プリさら(仮)」の発売予定と重なります…。
激戦の予感!?

「花と乙女に祝福を」薫ルート・志鶴ルート

生徒会ルートの2人です。

薫ルート
立藤の会の準備に主人公たちが悪戦苦闘するなかでマイペースの薫。手伝おうともせずに下級生たちと戯れる姿に主人公は苛立ちます。そんななかで薫を慕う下級生のグループ同士が対立し責任を問われる薫。立藤の会までに解決しなかったら退学することになってしまいます。主人公は諦めようとする薫を励まして事態の収拾をはかります…。

志鶴ルート
好きな人の香りに興奮してしまうという性癖を持つ志鶴は主人公の香りにメロメロになってしまいます。そんな志鶴を主人公も意識してしまい、入れ替わりの秘密を打ち明け恋人同士に。休日に男の姿に戻った主人公と志鶴がデートしているのを他の生徒に目撃されてしまい『晶子は男ではないか?』という噂が全校に広まります。噂を消そうと色々と試みる主人公と志鶴でしたが、立藤の会での生徒会のイベントの勝者に主人公の性別を確かめる権利が与えられることに…。

聖佳も含めて生徒会側の3ルートは主人公が女の子です。薫ルートを表現するならば『こんないい加減な人なんて嫌い。好きになんてなるはずない』と思いつつ惹かれていってしまう話です。もう少しボリュームが欲しかったところですがENDのCGでの主人公が可愛すぎて許しますw
志鶴ルートはなんといっても『男疑惑を打ち消すために女の子らしくなればいい』と少女趣味な服を着せられるところです。被害者続出で笑わされました。最後の逆転劇も予想通りではありましたが予定調和は嫌いじゃないです。なんといっても妹の一番の見せ場でした。

予想通りルートは無かったものの、妹がいいですね。体験版では電話で感情的に怒っていただけでしたが、本編ではなんだかんだで兄を信頼している雰囲気が感じられたし子供の頃のエピソードもあり、こんな妹がいたら間違いなくシスコンになることでしょう。主人公も重度のシスコンと紹介されていたわりに体験版では入れ替わりを承諾したくらいしかシスコンっぷりが出てこないのですが、本編で祈と出会って『あぁ……晶子と並べて、一緒に愛でてみたい……』この一文で爆笑しました。お気に入りの可愛い後輩ですら妹を超えないのですね。

最大の謎はゴージャスロールの人・綾音さんでしょうか。一体どっちなんでしょう(自主規制)。

不安だらけで購入したタイトルでしたがじゅうぶんに楽しめました。妹の出番の前でSAVEしまくってあるので巡回してきますw

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

「フォルト!!」延期です

6月26日発売予定だった「フォルト!!」が7月31日に延期になりました(げっちゅ屋&メッセサンオー情報)。

想定内と言ってしまえばそれまでですが、不思議にショックはありません。この作品に関しては『とにかくいい絵を描いてくれ』という欲求のほうが強いのかもしれません。

6月の検討をやり直さないといけないようですね…。

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

「花と乙女に祝福を」眞弥子ルート・祈ルート

都ルートの途中から分岐します。

眞弥子ルート
何気ない会話の中で『晶子には双子の兄がいる』ことを知る眞弥子と祈。祈が父親から『運命の男と会わせる』と言われたことを眞弥子はお見合いと勘違いしてしまいます。お見合いをぶち壊そうと眞弥子は晶子(主人公)に彰を紹介してほしいと頼みます。そして彰と出会った眞弥子は彰に一目惚れ。祈と本物の晶子と4人でWデートをすることに。しかしWデートで祈が晶子の入れ替わりに気づいてしまい、さらに眞弥子にお見合いが持ち込まれます…。

祈ルート
Wデートまでは一緒です。彰に告白した眞弥子。晶子(彰)に想いを寄せる祈。晶子と彰の入れ替わりに気づいてしまった祈は親友との三角関係に悩みます。眞弥子を気遣った祈の行動が誤解を生み、眞弥子と祈はすれ違っていきます…。

眞弥子ルートでは主人公が都ルートよりもさらに男の子寄りになっています。正直に言えば主人公が眞弥子を選ぶことに不自然さを感じてしまうのですが、もうひとつかふたつ主人公と眞弥子を近づけるようなイベントがあったら良かったです。
祈ルートは友情ストーリーになってます。個別ルートの大半を苦悩しているので祈の魅力を活かしきれたのか疑問です。
この2つのルートでも本物の晶子が良いです。初対面の後輩ふたりとのWデートを無難にこなしつつ僅かな会話から祈の晶子(彰)への気持ちを察するなど高スペックぶりを発揮します。さらに眞弥子ルートでの主人公への『なんの根拠にもならない激励』。それで立ち直る主人公。良い兄妹ですw

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

「花と乙女に祝福を」都ルート

生徒会と園芸部が立藤の会で勝負することになるところまでは一緒です。

生徒会との勝負をひとりで勝手に決めてしまった都に反発して園芸部員たちは協力を拒否。部長と都の2人だけになってしまいます。前年の立藤の会で都と他の部員たちはトラブルを起こしていて園芸部はバラバラだったのです
このピンチに主人公は自身がルピナスで出会い主人公を慕ってくれている後輩たち、祈と眞弥子に協力を頼みます。それを快諾した2人と都、部長、主人公とで勝負に臨むことになります。
いくつかの問題を乗り越え立藤の会の準備も軌道に乗ったものの、都への実家からの連絡が頻繁になってきます。どうやら都は家族との間にトラブルを抱えているようなのです…。

都は主人公が男であることを知っていながら協力しているので、このルートでの主人公は聖佳ルートとは違って男の子が少し強く出ています。問題を家族とのトラブルに設定したせいか、学生会側の聖佳、薫、志鶴が後半にいくほど空気になっています。そしてなにより最大の欠点は妹の出番が電話のみということです。兄と親友が付き合うことへの感想も欲しかったですね。

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

「花と乙女に祝福を」聖佳ルート

聖佳ルート終了です。

病弱で『進級できなかったら退学する』と言い出した入院中の妹になりすまして女子校に通い始めた主人公。通学初日に妹の親友・都に正体を見破られてしまいます。『妹のために』と都を説得して協力を得ることに成功します。しかし生徒会長であり生徒たちの憧れの的でもある聖佳に直言したことで逆に気に入られてしまった主人公。なんと次期生徒会長に指名されてしまったのです。入れ替わりを知っている都は聖佳と対立。晶子の身柄を賭けて学園最大のイベントである立藤の会で生徒会vs園芸部の勝負がおこなわれることに…。

人気は抜群なのに孤高の存在と化していた聖佳。主人公は『自分が学園を去ったら聖佳がひとりになってしまう』と危惧します。立藤の会の準備を通じて聖佳の親しみやすさをアピールするなど成果は上々と思われましたが事件が起きてしまいます。それをきっかけに聖佳と主人公の気持ちもすれ違っていきます…。

これはヒロインよりも主人公に萌えるゲームだったのかw
主人公の演じる晶子が可愛すぎます。聖佳ルートでの主人公は『聖佳さまを支えようと必死に頑張る健気な女の子』です。泣いちゃったりしてますが敢えてへたれとは言いません。そのときは心から女の子だったのでしょう。プレイ中の私のにやけ顔はきっと外には見せられないものだったものでしょう。


theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

バナー置き場

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

目指せ!エロゲ代
管理人注目作!
ま~まれぇど新作第9弾『プライマルハーツ』 puremore『契約彼女』応援バナー120×640_1 お兄ちゃん、右手の使用を禁止します! 『乙女が奏でる恋のアリア』2014年11月28日発売予定 ALcot『Clover Day's』応援中! 『PRETTY×CATION』を応援しています!
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。