FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月確定作品購入

夜勤明けの雨の中買ってきました。
「花と乙女に祝福を」「天神乱漫」「タユタマFD」の3本です。この順番のままプレイする予定でいます。

ヨドバシカメラの開店と同時の入店だったのですが、私の他には2名がエロゲコーナーに直行でした。本日のヨドバシカメラ2Fのレジはエロゲが1・2フィニッシュです。さぞ幸先の良い朝だったことでしょう。客単価の面でw

そしてショックな出来事がありました…。夏を近くに控えてエアコンが死亡しました。もう昨年あたりから危険な予兆はあったのですが、これから出番が増える時期に壊れなくても…。我家はあまり風が入ってこないので熱気がこもりやすい傾向があります。エアコンなしだと私もPCも熱暴走しかねないのでエアコンを買い換えるしかありません。
機能なんて二の次で価格だけで決めてしまおうと考えていますが、6月7月あたりのエロゲ予算に若干影響が出るのは必至です。普段より厳しい検討と必要に応じて中古を利用することになると思います。

まずなによりも部屋を片付けないと…。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

「Cross Days」延期

6月26日発売予定だった「Cross Days」がまたもや延期です。
しかも『今夏発売予定』に変更され着地点のメドもたたないのでしょうか?

前作をプレイしていない私には縁がない作品ですが、この業界は相変わらずですね…。一方で延期といえば「さくらさくら」ですが、こちらは声優のまきいづみさんのブログで『今度は大丈夫そう』とマスターアップが近そうな発言がありました。今度こそ本当だと良いですね。

ふと気づくと「さくらさくら」「Tiara」「仏蘭西少女」とまきいづみさんの出演作品が複数回延期しているような…。

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

「終わりなき夏永遠なる音律」体験版

7月24日発売予定の「終わりなき夏永遠なる音律」の体験版をプレイしました。

主人公はヴァイオリニストを目指す学生。田舎の学園で4人しかいない音楽部に在籍しています。ある日主人公は部長の律子から転入生の折原藍を音楽部に勧誘することを命令されます。『音楽に興味がないし楽器もできない』と断る藍でしたが律子は諦めず、藍の入部を賭けて藍&運動部vs音楽部&有志のソフトボール対決に…。まったく乗り気じゃなかった主人公でしたが偶然に藍がヴァイオリンを弾いているのを目撃して、その実力の高さに衝撃をうけると同時に『なんとしても入部させたい』と考えるようになるのでした。

音ゲーだと思っていたのですがどうやら違うようですね。体験版には可憐とリーゼロッテが登場しませんが登場するヒロインたちはみんな問題を抱えているようです。以前にあったという事件以来、性格が変わり主人公に依存している澪と歌音。実績もあり高い評価をされながら音楽から離れた藍。律子にも詳しくは明かされませんでしたが不穏なキーワードがありました。主人公自身も家族のことで問題があるようです。

「ヴェルディア幻奏曲」みたいな『まったりとしたほのぼの音ゲー』を期待していたので個人的には微妙。ヒロインの中でお気に入りの2人が揃って出番なしとは残念無念でした…。

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

「さくらテイル」「&LOVE」発売日発表

Fizzの新作「さくらテイル」とCometの第一弾「&LOVE」の発売予定日が両作品とも8月28日と発表されました。

「さくらテイル」は自分でもよくわかりませんが購入確定ですw
なにが気になっているのかよくわかりませんが、制作発表の時から気になっているのです。たしか前作「朝凪のアクアノーツ」は1回(2ヶ月)延期しているので、8月だと決めてかからずにのんびり待ちます。

「&LOVE」はCometを応援するべくこちらも制作発表の時点で確定タイトルです。昨年のメテオの突然の解散に衝撃を受けましたが、メテオのスタッフの再出発を支援します。PUSH7月号にスタッフのインタビューが掲載されていて、メテオ解散からコメット設立までの経緯について語っているので興味があるかたはどうぞ。

夏の候補作はうまいこと6・7・8・9月あたりに分散してくれました。延期がなければ最高の展開です。

現在プレイ中の「恋する乙女と守護の楯」PC版はようやく一人目・雪乃さまが終わりました。理不尽さと同時に気配りや気遣いも併せ持つ魅力的なヒロインでした。雪乃さまと比べたら更紗は傲慢なだけに見えてきた…。次は蓮さんをのんびりとプレイします。

「プリさら(仮)」発表!

PUSH7月号にてアトリエかぐや様が初のFD制作を発表しました。

仮のタイトルからも想像できるように「プリマ☆ステラ」「さらさらささら」両タイトルのアフター&アナザーストーリーです。

「プリマ☆ステラ」の雅ルートを担当して、その後フリーに転身した速水漣さんもシナリオに参加しているようです
「さらさらささら」本編ではHシーンがなかった白妙まひるが満を持して登場です。

さらにハーレムエピソードも用意されているようですが、『純愛志向だった作品的にはどうなのか?』と思わないでもありませんが『アトリエかぐやだしw』ということで間違いなく買います。

発売予定は秋(9月?)。9月だとしたら先日紹介した「ANGEL NAVIGATE」と「ハルカナソラ」とで3本確定してしまいますw

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

「ANGEL NAVIGATE」発売日発表

個人的に期待している新ブランドAries様の第一弾作品「ANGEL NAVIGATE」の発売予定日が9月18日と発表されました。

どんなゲーム?と思った方は右欄のバナーから飛んで確認してください(説明手抜き?)。いや、一度書き込んだ記事が送信トラブルで消えてしまったのでめげてしまったのです…。

私はとにかく絵が気に入りました。どれくらい気に入ったかと言えば1年にわたって私のPCの壁紙に君臨してきた『朝凪のアクアノーツ・べっかんこう応援イラスト』から先日公開された「ANGEL NAVIGATE」の壁紙に変更したくらいです。もちろん応援バナーキャンペーンも参加中。ドリパ東京でも「ANGEL NAVIGATE」グッズを購入しました。

応援バナーキャンペーンも既に100以上のサイト・ブログが参加しているようで、期待の高さがうかがわれます。

「ステラシアター」で皐月が「花と乙女に祝福を」で晶子が「天神乱漫」で佐奈がお気に入りと公言しているせいか『妹スキー』と言われつつある私ですが、「ANGEL NAVIGATE」では『小悪魔ちっくでツンな幼馴染』森野陽菜子を絶賛応援中です。現在OHPで公開されているCGの少し舌を出している表情が小悪魔です。たまらんですw

まだ4ヶ月も先ですが期待値だけなら確定クラスです。今後も話題があれば採り上げていきます。まだ未発表のCVが楽しみですね。

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

「タユタマFD」マスターアップ

本日マスターアップ報告が出ました。
本編の発売のときも遅かったので『今日か明日だろう』と思っていたのですが予想通りでしたw

保留にしていたのですがさすがに態度を決めないといけませんね…。

ましろ、ゆみな、美冬にはやっぱりもう一度会いたいです(あえて3人だけw)。あの人のことは忘れて3人分を楽しみます。
正直に言うと買う気がほとんど無かったのですが、現在放映中のアニメで応龍と手引きした人間のワナにかかったましろがチビましろになっているのです。その愛らしさはもはや凶器と化し、いつの間にか買う気マンマンですw
FDでもましろは鬼嫁モードを見せてくれるでしょうか?あと言い合いになったときの『いやいやいや』ももう一度聞きたいなぁ。

そんなわけで今月は「花と乙女に祝福を」「天神乱漫」「タユタマFD」の3本が確定です!

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

6月購入作品検討

「Primary」→確定。そろそろ魔法成分を補給しないと…。能力も目的意識も持っている主人公に期待。不安要素はブランドの前作が事前情報で理解不能だったことくらい。

「フォルト!」→検討。絵が魅力。体験版で致命的なことがないかぎり確定の方向。グランドスラムBOX版か?初回製造版か?ここが問題。

「ステラシアター」→検討。延期で少し熱が冷めつつある。体験版2が出てから再検討の予定。

「マジカルウィッチコンチェルト」→検討。いくらアトリエかぐや様の作品であろうともショタ主人公は個人的に厳しいものがある。

「鬼うた」→検討。ヒロイン全員が黒髪というのはポイント高いです。体験版のなかで聞いた姫歌(CV理多)の歌も良かったです。しかし悲しいことに私にはヤンデレ属性はないようです。脱落気味ですが作品中のボーカル曲も収録したサントラが発売されることを期待。


激戦になる予感はあったのに「Primary」と「フォルト!」だけになりそうな気もします。今年に入ってから選別が厳しくなってるのかな。発売日未定の確定作品「さくらテイル」はどの月に入ってくるのかを楽しみにしています。

予断ですが以前から「いつかはプレイする」と言いつつ未プレイだった「恋する乙女と守護の楯」を購入しました。PC版・PS2版・サントラ・ドラマCD・小説上下巻を揃える本気っぷりですが、今月発売の「花と乙女に祝福を」の前にプレイしていいものか悩んでます。『女装主人公の女子校潜入』という枠組みのなかで高評価を得ている恋楯を先にプレイしたらキツイかと危惧しているのです。まぁ潜入の目的がまったく違うので考えすぎかと思わないでもないのですが…。

ブログ開設一周年

いつの間にか一周年を過ぎていましたw

「プリマ☆ステラ」のバナーキャンペーンに参加するためにブログを作ったんだったなぁ…。
一時は毎日のように100hitを超えていたのですが2回の入院と転職で毎日更新ができなくなったのが原因なのかすっかり落ち着いてしまいました。

もっとも100hitを超えていた時期は『今日は何を書こう…』『やばい、ネタがない…』と精神的に追い込まれることが多かったので、今は気楽に続けています。

「フォルト!」応援バナーキャンペーンが始まっていたのでバナーを追加しました。縦長バナーは7種類あったのですが、そのうちの3つが画像のサイズに誤りがあったのを発見。登録メールでCiel様に報告しました。

「天神乱漫」マスターアップ。一昨日にマスターアップしていたようですが見落としてましたw
購入確定です。

「さくらさくら」「Tiara」延期

大多数の皆さんの予想通り?両作品とも延期になりました。

「さくらさくら」は6月26日
「Tiara」は7月24日

これだけ延期が続くと今回はともかく次作品とかでショップに相手にされなくなったりしないのでしょうか?
予約できないブランドとして心に刻んでおきます…。

「夏色さじたりうす」人気投票終了

人気投票が昨日で終了しました。

ブルームハンドル作品の発売後の人気投票はFDで取り上げられるキャラに直結するのですが…。
1位になったのは綾人…。サブキャラ男です。
そして綾人でFDが作られるようです…。

ブルームハンドル作品は全作プレイ済みですが、さすがにこれは無理です。買いません。それに投票自体も信用ができないものでした。

管理ができないならWEBで投票なんてやらなければいいのに…。購入者の声を反映するためにも次作品からは製品に同梱のアンケートでの投票にしてほしいです。

ちなみに私は最後まで愛理に投票していました(3位)。

「恋愛授業~教え子の誘惑~」終了

低価格ゲームにも手を出してみました。

主人公は赴任6年目の化学教師。数年前に女生徒と問題を起こし、教師は続けているものの担任を任されることもなく今後も任されることはないと考えています。教師としての能力は高く、わかりやすい授業と親身なことから生徒には人気はあるようですが、以前の不祥事があるので必要以上に『教師』であろうとしているようにも見えました。

そんな主人公の行動や気遣いに触れた菜緒という女生徒が主人公に恋をしてしまいます。『教師と生徒』ということを理由に菜緒の告白を断る主人公でしたが、菜緒の一途な気持ちに徐々に傾いていき受け入れることに。
恋人同士になった主人公と菜緒ですが、もちろん2人の関係は秘密のものです。恋人になったからこその不安やすれ違いをどう乗り越えていくのか…。

ディスクレス可。回想は10で、9が菜緒です。残りの1つは赴任2年目の女教師・悠美です。
ENDはおそらく3と思われます(菜緒2悠美1)。現時点では攻略サイトにも情報がありませんが迷うことはないと思います。
作中で主人公と菜緒の関係に3人が気づきますが、それをネタに脅すといった展開にはなりませんので和姦のみです。

「主人公の紹介のようなエピソード」「菜緒の片思い」「告白」など段階を踏んでいくので低価格ゲームにしてはHシーンまで少し時間がかかりますが、これはこれで良かったのではないかと思います。

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

「花と乙女に祝福を」マスターアップ

5月29日に発売予定の「花と乙女に祝福を」がマスターアップしました。
1回延期しているだけに早めのマスターアップに安心しました。既に予約済みなので後は発売日を待つだけです。

作品スレでは『妹ルートの有無』が話題になっていて、もちろん私も気になっていますが可能性は低いんでしょうね…。妹ルートがあるならタイミングをみて情報公開したほうが営業的にも「ヨスガノソラ」のような盛り上がりが期待できただけに、ここまで情報が無いということはルート自体が無いのでしょう。あったら嬉しいですがw

それでもメインヒロインだけで6人もいますからね。体験版には登場しなかった後輩コンビを楽しみにして待ちます。

5月の確定作品が無事にマスターアップ。検討作品だった「天神乱満」も体験版をプレイして確定に昇格でよいかと考えてます。「タユタマFD」はいまだに検討中です。

「天神乱満」体験版

5月29日発売予定の「天神乱満」の体験版をプレイしました。

主人公はかなり『不運』な日常を送っています。体験版中でも『車に轢かれそうになる』『マンホールの蓋があいていて落ちる』『打球に当たる』『避けたはずの打球が跳ね返ってきて当たる』『不良に絡まれる』など不運っぷりを発揮しています。また財布をよく落とすらしく1日200円のお小遣い制だったり、同じ理由で家の鍵を持たせてもらえないなどエピソードには事欠きません。またそれを本人も周囲も『いつものこと』として受け入れている状況です。

そんな主人公のもとにダンボールが宅配されてきます。嫌な予感を抑えつつ開けてみる主人公。中から現れたのは『長くこの地域を見守ってきた』という自称・神様の女の子でした。彼女の言葉によると主人公の一族は天罰によって不運を呼び込んでいるが、一族の中でも運が無い主人公に天罰が集中しているらしいのです。天罰自体は上位の神によってかけられたので彼女に祓うことはできないが『土地神として助けられるものは助けたい。発動した不運から守ることはできる』と言い、同居する祖父や学園の教師たちの記憶を上書きして『主人公の親戚』として同居&編入してきました。

またもやさわりの部分しか紹介しませんw
メインヒロインは神様・神様の従者・幼馴染・妹ですが生徒会長と担任教師にもHシーンが用意されています。個人的には舞い上がると衝撃発言を繰り返す妹が可愛いです。
気になる点はテキストなのですが、アニメや漫画からのパロディネタが多すぎます。パロディネタは知っていてこそ面白いものですから知らないネタをやられると流れが切れてしまいます。基本的に有名なネタが多いですが、それでも分からないものがいくつかありました。パロディで安易に笑いをとるよりも自分の言葉で勝負してほしいと減点。

『主人公が不運』『主人公が幸運』という設定の作品も定期的に出てきますね。最近だけでも「コンチェルトノート」「みここ」「ラッキーバード」などがあります。定着するんでしょうかね?

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

「77」体験版

7月31日発売予定のWirlpoolの新作です。今まで延期したことがないブランドですので信頼度は抜群です。

「いなこい」「MagusTale」と同じ世界のお話です。東京湾上空に浮かぶ島にはエリートたちが集まる学園があり、エリートたちは能力によって『知の塔』『力の塔』『運命の塔』に振り分けられています。その学園には『星待ち祭』と呼ばれるイベントがあり、普通科から選ばれた男子生徒が彦星、3つの塔からそれぞれ織姫とサポート役の星の巫女2名が選出されます。彦星は選ばれた時点で次期学生会会長が確定。3人の織姫が彦星のパートナーの座を賭けて勝負するのです。勝者に与えられるものは『学生会副会長』『塔を一階増築(施設の内容は織姫に決定権)』『学園にひとつ要望を出せる(校則や施設など)』というもので毎年白熱しているようです。

主人公は普通科の平凡な学生。ひとつ年上の兄が昨年の彦星=現学生会会長であり、星待ち祭の過酷さを知っているため関わりたくないと思っています。しかし彦星の象徴といえる『アルタイルの指輪』の偽物が発見され、『混乱を避けるために星待ち祭が終わるまで隠しておいてほしい』と預けられてしまいます。しかし偽者の指輪を持っていることを力の織姫たちに見咎められ大騒ぎに…。

まだまだ体験版は続きますが序盤のみの紹介にとどめておきます。高スペックヒロインに平凡な主人公という組み合わせはへたれる可能性もありますが取り柄はありそうなので素直に期待しておきます。

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

「すまいるCubic!」終了

昨夏発売された「水平線まで何マイル?」のFDです。
本編のほうはHシーンが一回づつで酷評されていました。今回のFDでヒロイン昇格の水面を含めて3回づつ、朋夏は7回(寸止めばかりですが…)とエロを補完しています。

朋夏と湖景がアフターストーリー、沙夜子と陽向と麻里矢がアナザーストーリーになっています。水面もある意味アナザーストーリーですかね。個人的にはアフターストーリーの2人は印象が薄いです。沙夜子アナザーはむしろこっちを本編にしてほしいくらいでした。陽向アナザーも本編のタイトルとは矛盾してしまいますが『あり得た選択肢』だっただけに面白かったです。水面は賛否が分かれそうですが、水面への気持ちに気づいてからの主人公には好感が持てるし水面自身も成長をみせてくれたので私は満足です。

ただ上村ルートが必要だったかは疑問です。合わなかったといえばそれまでですが、上村との友情ストーリー?よりも教官ルートで『主人公が教官に弟子入りして指導者を目指す熱血ストーリー』を作ってもらいたかったです。

全編を通じて気になったのは『主人公ってこんなだった?』ということです。本編をアンインストールしてかなりになるので私の記憶違いかもしれませんが違和感が抜けないまま終了しました。
考えられることといえば本編ではエロ一回づつだったので、必然的に『想いが通じ合った2人の初H』であり当然まともなHシーンでした。今回はアナザーでも複数回、アフターはもちろん初H後なので主人公がすっかりエロモードに入ることでしょうか?

本編をプレイしてHシーンの回数以外に不満が無かった人は楽しめる内容ではないかと思います。

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

「はらみこ」コンプ

最後のハーレムルートが終了しました。

加護を授けられるのを嫌がった主人公が逃げ回ったためヒロイン全員に加護がかかっている状態に。また主人公も通常の加護の4倍の効力が発動してしまいます。後はひたすらHシーンの連続です。

これで「はらみこ」はコンプです。期待していたSDシーンは10あってどれも面白かったです。残念だったのはやはり舞の設定です。主人公に厳しく接しないといけない役回りだったのもありますが、それ以上に何事につけ『悪いのは晴人』と決めつける態度がいただけない。しかも全ルートでそれが繰り返されるので好感度も低迷したまま…。途中から神坂姉妹の父親にでも戻ってきてもらって損な役回りを肩代わりしてほしかったところです。

「夏色さじたりうす」の直後にプレイしたせいかイチャラブも若干物足りません。まぁあっちはイチャラブ度MAXですからね。

次にプレイする作品は「すまいるCubic」です。このブログで私がドリパに行くことを知った友人から頼まれていたグッズを無事入手した見返りに提供してもらいましたw
体験版も貯まってるなぁ…。

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

ドリームパーティ東京2009春

夜勤明けでしたが行ってきました。仕事が定時で終わってくれれば余裕を持って行けたのですが、こんな日にかぎって残業…。それでも10時20分に会場に到着しました。
すんなりと階段を上がりパンフレット購入(年齢チェックも厳しく実施されていました)、行列の最後尾へ。周囲を見渡すと『年齢層高い!?』。比率的に白髪のほうが多い男性や更に高齢の夫婦など、私の周囲だけカオスになっていましたw
最悪と言ってよかった昨年のドリパ春とは比較にならないほど整然とした入場が行われ、10時55分に会場内に入りました。

今回も私のターゲットはテレカが中心です。特典テレカなどを集めているうちにコレクションと言ってもよいくらいの枚数になっています。
『ういんどみる・ドラマCD』『ぱれっと・テレカ』が一番手、二番手だったのですが、このブースに最初から並ぶと他のブースを廻りきれない恐れがあるので思い切って回避。
作戦通り『AXL』『ABHAR・クロシェット』を先に消化。移動中に確認すると『ぱれっと列動かず!』。想定通りの展開です。続いて新ブランドでグッズ少量と告知していた『Twinkle』を優先。次にこちらも新ブランド『Aries』とお布施買いが続きます。
ここまでで『最低限欲しかったもの』を確保した私は更に攻めます。『Ricotta』『eufonir』『Wirlpool』と廻って、ようやく列が短くなった『ういんどみる』へ。並ぶ前にドラマCDの在庫があるのを横目で確認していたので余裕です。この後は既にテレカ以外は売り切れてほとんど列がなくなった『オーガスト』。物販目当ての客が途絶えていた『Rosebleu』と廻ったところで撤収。13時30分に会場を出ました。

収穫はドラマCD2枚&テレカ9枚。『Sphere』を判断ミスで買い損ねたことを除けば満足な結果を残しました。4つのブースで待機列なし。3つのブースで5分待ち以内。まともに並んだのは3回だけというタイミングも最高でしたが、なんといっても『ぱれっと回避』が大きかったです。『ういんどみる』の列に並んでいるときに『ぱれっと』の列が見えていましたが悲しいほど動いていませんでした。

「はらみこ」由宇ルート

『子作りの加護』を授けられるところまでは同じですが詳しい説明を受ける前に主人公に加護が発動してしまいます。由宇のおかげで加護は抑えられましたが、直後に主人公と由宇のふたりだけで加護の変質について説明を受けます。
妹である由宇のことになると冷静な判断をできなくなる舞が成功率の低いまま解除の儀式を強行することを恐れたふたりは加護の変質を秘密にして加護は解除されたと嘘をつくことにしました。
加護の発動にそなえて一緒に行動する主人公と由宇。しかしクラスメートでもある伊織に隠し通すことは難しく、伊織と一緒にいた由宇に加護が発動してしまいます。伊織に事情を打ち明けて協力を得る主人公でしたが、その話を美春にも聞かれてしまいます…。

他の3人のルートではヒロインに振り回される主人公でしたが、由宇自身が控えめな性格なので由宇ルートでは主体的に動いて好感が持てます。
また主人公と由宇を応援する伊織もこのルートで好感度アップ。逆に損な役回りになってしまったのが舞です。

結果的には神坂姉妹はENDがふたつ、宮代姉妹ははENDがひとつでした。個人的には由宇恋人ENDがお気に入りです。
残るはハーレムルート。実はハーレムはあんまり好きでもないので流してきます。

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

「はらみこ」美春ルート

共通部分は省略。

勘違いで『子作りの加護』を授けられてしまった主人公と美春。主人公が今後のことに戸惑い眠れない夜を過ごしていると美春が訪ねてきてこう言います。『これは運命なんだよ』『なにも気にすることはないんだよ』。
また加護が発動した美春に愛撫したことを思い悩む主人公に『恋人同士になれば悩む必要もなくなる』という美春。その言葉どおり積極的にアピールしてくる美春に主人公は戸惑いながらも徐々に惹かれていきます。

美春ルートでは主人公も頑張ってるし楽しめました。ただ咲が主人公に頼んだ美春への伝言はなんだったのでしょうか?どこかで触れられてる?まったく気づいていません…。
なんとなくですが舞が不評な原因が分かってきたような気がします。

舞、伊織、美春とクリアしてきましたが私はやはり由宇に注目してしまいます。どのルートでも自分の気持ちを抑えて主人公の背中を押してあげてます。そんな健気な由宇の幸せが見たい!
というわけで由宇ルートいってきます。

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

「はらみこ」伊織ルート

『子作りの加護』が変質して解除に時間がかかる。ここまでの流れは同じです。

反発した伊織は解析が進んでいない状態で解除の儀式を強行させるものの結果は失敗。副作用として主人公から一定の距離以上離れることができなくなります。必然的に伊織と一緒に行動することになる主人公は振り回されますが、今まで見たことがなかった伊織の一面を見るうちに惹かれるようになっていきます。

伊織ルートでも主人公は一言多いです。余計なことを言って怒らせて関係悪化、後で平謝り。こんな展開を何度も繰り返されても…。
主人公が少し誤算だった面はありますが、伊織のデレっぷりはかなりのものです。舞には『恋人END』と『出産END』があるのに伊織にはひとつしかENDがなかったのが残念です。

性格がきつめなヒロイン2人を先に終わらせたので残る2人ではほんわかムードでいってもらいたいのですがどうなることでしょう?

次は美春です。

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

バナー入れ替え

5月・6月タイトルに変えました。

体験版も3つほど貯まってるので早く消化したいのですが来週までは無理かもしれません。

そういえばドリパの物販情報も出揃いつつありますがどうしたものか…。
買いたいものは
ういんどみる→ドラマCD
ぱれっと→「ましろ色シンフォニー」テレカ
クロシェット→「スズノネセブン」テレカ
AXL→「Like a Butler」テレカ
Aries→「ANGEL NAVIGATE」テレカ

ういんどみる、ぱれっと、この2つは欲しいものが買えたことがないですw
そうなると交通費かけて行く価値があるのか疑問です。オーガストも今回は見送りですね。物販情報を今日発表するSphere次第にしようかな…。

「はらみこ」舞ルート

「はらみこ」始めました。

攻略順の予定は
舞→伊織→美春→由宇

両親の海外赴任で主人公は一人暮らしをしていたものの、自堕落な生活を送っていたことが知られてしまい朱山神社を管理する神坂家に居候することになります。神坂家には幼馴染の舞・由宇の姉妹が、また神坂家の親戚で御山神社を管理する宮代家の娘である美春・伊織の姉妹がしきたりに従って朱山神社で1年間の奉職をするために一緒に暮らすことに。
そんなある日主人公は神社で不審な人物を取り押さえますが、それはかつて神社のお金を持ち逃げした舞と由宇の叔父でした。奥さんとの間に子供ができないことを気にかけて、朱山神社に伝わる神招きの儀式を行おうと文献を探していたのです。
それぞれ思うところはありましたが由宇の懇願によって叔父に協力することになります。文献を見つけ、ヒロインの4人は神楽の練習を。主人公は儀式の準備をととのえます。
そして儀式の当日、主人公とヒロインたちのみでリハーサルを行いますが手違いから本当に神様を呼び出してしまい、主人公とヒロインのひとりに『子作りの加護』が授けられてしまうのです。

ここまでが体験版にもなった共通ルートです。
事情を説明して『子作りの加護』を解除してもらおうとしますが、儀式の際に主人公が鏡を割ってしまったことから『子作りの加護』が変質して解析に時間が必要になってしまいます。『子作りの加護』の発動を抑えるにはパートナーによって絶頂に導かれることが必要になります。
主人公に発動した加護を抑えるために学校でコトに及ぶ舞。しかしそれを舞のファンに気づかれてしまい主人公は執拗な嫌がらせを受けることに…。
主人公と舞は恋人のフリをして相手を誘い出そうとします。ふたりで過ごす時間が増えたことで主人公は舞への気持ちを再確認していきます。そして舞も…。

舞はどうやら不評のようですね。舞ルートではそんなにひどいところは無かったと思うのですが他ルートでなにかやらかすのでしょうか?
たしかに話を聞かずに暴走するようなところはありましたが、主人公の言葉足らずといい勝負だったと思うのですが…。

次は伊織です。

theme : 18禁・美少女ゲーム
genre : アダルト

バナー置き場

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

目指せ!エロゲ代
管理人注目作!
ま~まれぇど新作第9弾『プライマルハーツ』 puremore『契約彼女』応援バナー120×640_1 お兄ちゃん、右手の使用を禁止します! 『乙女が奏でる恋のアリア』2014年11月28日発売予定 ALcot『Clover Day's』応援中! 『PRETTY×CATION』を応援しています!
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。